顔面しゃぶしゃぶ

 

沸騰したしゃぶしゃぶ鍋の中に

 

社員の顔を押し込むという

 

パワハラ行為が話題になっています。

 

 

顔を押し込んだ人物の特定されました

 

その人物の顔画像

 

押し込まれた人物の顔画像

 

そして鍋に顔を突っ込ませた理由も明らかです

 

とんでもない理由でした

 

腹が立ちます!

 

まとめました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

増渕良亮(MELM社長)さんの顔映像 顔面しゃぶしゃぶ現場映像 被害者 記者会見映像

先ずは映像を見てください。

 

鍋に被害者の顔を押し込み、頭を押さえつけてた人物の顔映像です。

 

増渕良亮(MELM社長)さんの顔映像

 


 

これはパワハラを超えて犯罪です。傷害事件ですね。許せません!

 

 

顔面しゃぶしゃぶ現場映像

 

人の顔を沸騰した鍋の中に押し込むなんて考えられないことですが、周りで笑ってはしゃいでいる女性たちも信じられない。
止めるべきだろう!恐ろしいことをするもんだ。

 

 

被害者映像

 

しゃぶしゃぶ鍋に顔を押し込まれた被害者

 

この傷(火傷)は一生治らないだろう。ケロイドになっていなければいいが…。熱湯に浸かっているとき目に湯が入らなくてよかった。失明していたかもしれない。

 

 

記者会見映像


 

 

記者会見映像


 

 

刑事告訴&損害賠償請求の民事訴訟は当然だろう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

増渕良亮(MELM社長)さんのプロフィール


 

 

名前:増渕良亮 (ますぶち りょうすけ)

 

生年月日:不明 現在28歳くらい

 

職業:株式会社MELM (芸能事務所)
    代表取締役社長

 

 

MELM概要

 

社名:株式会社MELM

 

所在地:東京都渋谷区宇田川町34-5 5F

 

電話番号:03-5784-1318

 

代表取締役社長:増渕良亮 / ryosuke masubuchi

 

取引先銀行:三菱東京UFJ銀行

 

主要取引先

 

株式会社ぶんか社
株式会社コラボテクノロジー
株式会社OTOZURE
株式会社スターバンク
株式会社イングファシリティーズ

 

現在はメンテナンスモードになっていてホームページを見ることはできませんでした。

 

記者会見の中で被害者の方が語るには、従業員は増渕良亮社長と被害者の二人だけだということです。

 

株式会社MELMは

 

もともと増渕良亮さんがイベントサークルの幹部をしていた事から、顔見知りの綺麗な女性を集め、設立した会社のようで、まだまだ若い会社で小さな芸能事務所のようです。

 

タレントは10人〜15人ほどいるようです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

株式会社MELM の所属タレントは?

 


 

 

 

小関 鈴香(すずちゃす)さん
misaさん
三浦 珠梨さん
佐々木 莉沙(りぃちゃらぽっぽ)さん
小口 紀子(のりちゃん)さん
長尾 聖良さん
島末 珠里さん
中嶋杏理さん

 

 

この中の元POPTEENモデルは
小関 鈴香(すずちゃす)さん
中嶋杏理さん。

 

 

小関 鈴香(すずちゃす)さんはこの方

 


 

 

 

中嶋杏理さんはこの方

 


 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

顔面しゃぶしゃぶ事件 事実関係

何が起こったのか

 

芸能事務所で働いていた男性が、2015年12月に東京都内(渋谷)で開かれた会社の忘年会で煮えた鍋の中に芸能プロ社長(増渕良亮さん)によって二度頭を押さえ付けられた。

 

顔を鍋に突っ込ませた芸能プロ社長(増渕良亮さん)は男性従業員(被害者)に「クライアントさんがいるんだから、なにか面白い事をやれ。鍋に顔を突っ込めよ」などと命じていた。

 

宴席の終了時、「顔がほんとやばいから帰ったほうがいいよ」と言われたが、謝罪はなく、介抱されることもなかった。

 

当時の診療記録によると、「左頬に表面剥離あり」「痛みあり」「水疱は潰れている」などと記されていた。

 

被害男性は顔に「U度の熱傷」を負い、今も風呂上りや夏に日焼けしたとき、冬の乾燥で肌にかゆみが出る。

 

精神的には「鍋を見ると思い出し、忘年会シーズンになるとフラッシュバックする」という。

 

 

 

なぜ今ごろ記者会見?

 

被害者男性は「自分がきっかけになって所属していたタレントの半分以上が(事務所を)辞めている」ことを理由に上げた。

 

担当弁護士が言うには、増渕良亮さんは、2018年8月27日を最後に被害者との連絡を絶ってるそうで、被害者が納得するような謝罪や示談金を支払うならば刑事告訴や民事告訴を取り下げるという意思を示していますと話し、傷害事件の公訴時効が3年のため、訴訟提起は早々に行うとのこと。

 

 

 

 

被害者の方は体の怪我だけではなく、精神的にも相当追い込まれておりお気の毒でしょうがない。

 

増渕社長は一体人をなんだと思っているんだろう。このようなことは二度とあってはならない。

 

事件の早期解決と増渕社長の被害者への誠意ある謝罪があることを祈ってやみません。

 

 

 

スポンサーリンク