“売れれば”いいのか?西野カナが公開した“作詞手法”に批判の嵐

 

西野カナが11月25日放送の

 

『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演し

 

自身の作詞法を大公開しました。

 

 

 

この番組を見ていた視聴者が

 

その作詞方法に驚いて

 

ネット上で話題になっています。

 

何が問題なのでしょうか?

 

 

 

まとめてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

西野カナは「共感ソング」『トリセツ』の作詞法を赤裸々に公開!

西野カナのトリセツ作詞方法写真

 

歌手の西野カナが、11月25日放送の

 

『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演。

 

 

 

番組の中で自分自身の作詞法を大公開したのです。

 

ネット上ではその手法に賛否が別れています。

 

 

 

番組は「共感ソング特集」と題して、

 

世の女性が「これ、私のことだ!」と

 

共感するような歌を徹底深掘りしました。

 

 

 

ゲストに若い女性を中心に絶大な支持を誇る西野カナを招き、

 

共感される歌詞作りの秘密を聞き出していったのです。

 

 

 

多数の「共感ソング」を持つ西野カナ

 

その中でも特に有名な、

 

2015年発売の楽曲『トリセツ』

 

 

 

発売当時から

 

「女心がそのまま表れてる」

 

「分かるけど男からしたら面倒くさい」

 

などと大論争を巻き起こしているこの楽曲について、

 

西野カナ自身で作詞法を包み隠さず公開しました。

 

 

 

 

それはしたたかな“マーケティング作詞法”だったのです

 

西野カナは

 

“企画書”として楽曲のコンセプトや設定を考えだした後、

 

一旦自身で詞を書きだすと言うことを告白しました。

 

 

 

その後、アンケートや友人への取材を行って、

 

多かった回答や自分の意見を

 

交えながら歌詞に落とし込みます。

 

これを“マーケティングリサーチ”手法と呼び

 

この方法を採っていると明かしました。

 

 

 

 

統計や聞き込みといった大掛かりな作詞法に、

 

ネット上では驚きの声が続出。

 

 

 

 

しかし一方で、

 

  • 《ネタ集めてるだけやん》
  • 《そりゃ多かった回答使えば共感を得られるわな》
  • 《何か薄っぺらい歌詞だと思ったら自分の経験じゃなかったのかよ…》
  • 《「トリセツ」を「私のための歌」って言ってる子がめちゃくちゃ多い理由が分かった》
  • 《共感性のために多かった回答を利用するって、要はウケだけを狙った産業音楽なのね》
  • 《アーティストなら人がどう思うかより自分の伝えたいことを詞に載せようよ》

 

などといった声が目立ち、

 

楽曲同様に“賛否両論”を巻き起こす事態となっているようです。

 

 

“アーティスト”に対して作家性やクリエイティビティを求めている視聴者は、まるでIT企業のようなヒットさせることを主眼にした“マーケティング作詞法”に裏切られたように感じたのかもしれない…とのこと。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

ネットの反応

 

コメント

 

売れれば商法。は桑田佳祐も批判しなければ、サザン・桑田佳祐で昨年度69億円。今年は労働歌と標榜して、ブラック!なんて歌詞に出てくる楽曲もあったな。苦しんでいる人までも楽曲にして儲けようか?

 

 

本当に音楽を愛してる人はメジャーデビューしないもの。商業ベースに乗っかった時点で終わりを意味するもの。やっぱりインディーズこそが最高です。

 

 

何がいけないんだ?>そうだ!そうだ!売れてなんぼじゃ。

 

 

いずれ飽きられる

 

 

みなさん心配しないでください。この人、自分で歌詞なんて書いてませんから。全て外部に発注してますから。www

 

 

嫌だね

 

 

この人の詩、全く心に響かない 響く人教えてよ。恥ずかしくなければ

 

 

そろそろ潮時?マツコも?

 

 

リサーチして作ってるんでしょ?別に良いじゃない?買う方、聞く方の問題です。あたしゃーさっぱり分からんけどね、この子に限らず。

 

 

売れれば正解。正義でしょ。AKB48なんか売れる歌を作ってる。売れない歌を作るのは馬鹿。

 

 

何がいけないんだ?

 

心に響かない、売れればいいという事においてはジャンル違うけど、五木ひろしと一緒!

 

 

音楽産業であって「芸術ではない」ってことだ。

 

 

結婚式で新婦の友人達のコーラスしたのを聞いたのが始めてのトリセツでした。新婦が恥ずかしそうに俯いていたのが、可愛らしかったし、新郎は「ひょっとして地雷を踏んだか?」と緊張してた。

 

 

うちのジイちゃんが「トリセツ」を聞くと死んだバ〜ちゃんを思い出すと、しみじみつぶやいとった。

 

 

西野カナはあまり聞かなかったけど、そんな手法もあったのかと、興味が湧いてきた。ファンになりそうです。

 

 

昔からタモリを筆頭に小馬鹿にしてただけの話。

 

 

とっくに消えてると思ってた

 

 

 

ツイッター

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 

 

 

西野カナの『トリセツ』

 

この歌を初めて聞いたとき

 

すごい!と思った。

 

女性の心を完璧に掴んでいるな

 

と感じたから。

 

テンポもメロディーも良かったので

 

売れるだろうなと思っていたら

 

一時、TVの歌番組によく出演していた。

 

確か…、

 

「レコード大賞」と「紅白歌合戦」でも

 

歌ってたんじゃないかな?

 

印象深く心に刻まれた楽曲です。

 

 

 

私自身は

 

プロフェッショナルなんだから

 

リサーチして当然

 

売れてなんぼの世界なんだろうから

 

なんの問題もないんじゃないの。

 

と単純に思ってしまいました…。

 

 

 

可愛いのになんてしたたかなんだろう

 

この歌を初めて聞いた頃以上に

 

ファンになってしまいましたよ。

 

 

今後も彼女の活躍を願っています。

 

 

 

 

スポンサーリンク