王者・井上尚弥・同級4位ファンカルロス・パヤノ戦

 

2018年10月7日

 

WBSSバンタム級トーナメント1回戦&

 

WBA世界同級タイトルマッチが

 

横浜アリーナで開催

 

 

 

結果は、なんと王者・井上尚弥が

 

驚きの「70秒 秒殺」で勝利しましたね

 

 

 

 

 

「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ」

 

(WBSS)は階級最強を決める試合

 

 

 

 

王者・井上尚弥は優勝できるのでしょうか?

 

 

 

 

気になったので調べてみました

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

井上尚弥選手 WBSS初戦を70秒KO 秒殺で突破!元WBAスーパー王者パヤノを撃破!

 


 

 


 

 

王者・井上尚弥 と 同級4位ファンカルロス・パヤノの

 

WBSSバンタム級トーナメント1回戦&

 

WBA世界同級タイトルマッチが開催

 

 

 

結果は、なんと王者・井上尚弥が

 

驚きの「70秒 秒殺」で勝利!

 

 

 


 

 

 

 

おめでとうございます。

 

前回の試合も1回戦で勝利!

 

今回も勝利するだろうなとは思ってましたが

 

こんな鮮やかな勝ち方をするとは思っても

 

いませんでした

 

 

 

 

左ジャブがきれいにパヤノのこめかみ

 

辺りにヒット!

 

次の右ストレートは見えなかったでしょうね

 

これもきれいに右目あたりにヒット。

 

 

 

 

仰向けに倒れたパヤノはピクリッとも動かない

 

ラフな攻撃が特徴のパヤノを

 

スピードとパワーで秒殺した格好だ

 

 

 

 

このワンツーでWBSS準決勝進出を決め、

 

WBA世界同級王座の初防衛にも成功。

 

井上尚弥の通算戦績は17勝15KO無敗

 

 

 

驚きの強さだった。

 

 

 


 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

井上尚弥選手 WBSSで優勝の可能性は?

 

いよいよ「真の世界王者が誰かを決める」

 

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)

 

が10月7日に開幕しました

 

 

 

結果は王者・井上尚弥選手の圧勝でした

 

きっと世界のボクシングファンを

 

驚かせていることでしょう

 

 

 

 

 

 

 

最強の声がとても高い井上尚弥選手は

 

日本国内や世界中のボクシングファン

 

注目のバンタム級で優勝して

 

世界最強に輝けるのでしょうか?

 

 

 

 

WBSSを簡単に説明すると

 

現在世界には、公式に王者を認定できる

 

ボクシング団体が4つあるんですね

 

WBA、WBC、IBF、WBOです

 

 

 

 

つまりひとつの階級に王者が4人いるわけで、

 

その4つの王者で争って

 

その階級の真の王者を決めようというのが

 

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)

 

 

 

WBSSバンタム級参加者

 

WBAスーパーチャンピオン
ライアン・バーネット(イギリス)
戦績:19戦19勝9KO

 

IBFチャンピオン
エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)
戦績:18戦18勝12KO

 

WBOチャンピオン
ゾラニ・テテ(南アフリカ)
戦績:30戦27勝21KO3敗

 

WBAチャンピオン
井上尚弥(日本)
戦績:17戦17勝15KO

 

 

この4選手にあと4選手が追加されて

 

トーナメント方式でバンタム級最強を決めるんですね

 

 

ノニト・ドネア(フィリピン)
元5階級制覇のレジェンド
戦績:43戦38勝(24KO) 5敗   
ピークは過ぎたか?

 

ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)
戦績:18戦 17勝 8KO 1敗
元WBA世界バンタム級スーパー王者 
今日、井上が勝っちゃいました

 

ジェイソン・モロニー(オーストラリア)
戦績:17戦14KO

 

ミーシャ・アロイアン(ロシア)
戦績:4戦4勝
アマチュア戦績:268勝12敗
アマチュア時代、ロシア代表として
ロンドン・リオ五輪に出場。
リオ五輪では、銀メダルを獲得
しかし、ドーピングが発覚して失格、メダル剥奪 
アマチュアで数々の栄光を勝ち取ってきた強者

 

 

 

【対戦相手】

 

ライアン・バーネット(WBAスーパー王者)VSノニト・ドネア(元5階級制覇)

 

井上尚弥(WBA正規王者・3階級制覇)VSファン・カルロス・パヤノ(元バンタム級スーパー王者)

 

エマニエル・ロドリゲス(IBF王者)VSジェイソン・モロニー

 

ゾラニ・テテ(WBO王者・2階級制覇)VSミシャ・アロイアン(オリンピックメダリスト)

 

 

 

【準決勝】

 

WBSSはトーナメント方式なので、対戦カードが決まっています。

 

 

wbssトーナメント表599+427画像

 

 

井上尚弥とロドリゲスVSモロニーの勝者が準決勝で対決。

 

バーネットVSドネアの勝者とテテVSアロイアンの勝者が準決勝で対決。

 

井上尚弥側のブロックの勝者VSバーネット側のブロックの勝者で決勝。

 

 

 

【ポイント】

 

初戦の相手に勝てたとしても、相手から
受けたダメージが次戦に影響すると難しい。
問題は優勝にたどり着くまでの対戦で
1戦1戦いかにダメージを受けずに勝利
するかでしょうね

 

 

 

5月の試合で、WBAバンタム級王者のイギリス
マクドネル選手を衝撃の1ラウンドTKOで倒し
破竹の勢いで勝ち進む井上尚弥選手は
日本人ボクサーとして最速で3階級を制覇

 

 

 

「パンチ力」「カウンターやコンビネーションを当てるうまさ」「スピード」で世界から最も注目を集めているボクサーなんですね

 

 

 

これは勝手な私見ですが…
各試合を万全で臨めれば、70%から80%の
確率で優勝を予想できるのではないでしょうか?

 

 

 

ものすごく期待しています。

 

 

 

【豆知識】

 

第一回目のWBSSは、

 

クルーザー級とスーパーミドル級で

 

開催されたのです

 

 

しかし、あまりにも破格すぎる賞金によって

 

クルーザー級では

 

世界4団体の中のWBAを除く3人の

 

世界王者(WBO、WBC、IBF)が

 

トーナメントに参加。

 

 

WBAは王者ではないとは言え暫定王者が出場

 

事実上クルーザー級王者4人が出場する

 

あまりにも豪華なトーナメントとなったのです。

 

ちなみに第一回目のWBSSの賞金総額は、

 

驚愕の5000万ドル、日本円で約53億円

 

優勝者には1000万ドル、

 

日本円で10億円が優勝賞金なのでした

 

 

 

 

スポンサーリンク